活性酸素とは?

呼吸によって体内に取り込まれた酸素の約2%は、活性酸素に変化しています。

活性酸素には、
ウイルスや細菌などの病原菌や異物などの侵入から身を守るなど、
とても重要な働きがあります。
  
しかし、活性酸素が過剰に発生してしまうと、
身体の根幹部(細胞膜、DNA、血管、酵素タンパクなど)が攻撃され、
酸化(サビ)を起こします。
それにより体内では老化が加速され、
生活習慣病をはじめとする様々な病気の引き金となり、
健康で元気に過ごす毎日が脅かされることへとつながります。

病気や症状の90%以上は、
その原因に活性酸素が深く関わっているといわれています。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly